hamalog
現場情報

路地の家!

寝屋川市で計画しているその名も「路地の家」です。
一般的に、住宅の各部屋は壁と扉で仕切られていますが、
この住宅ではあちこちに路地が行き交い、段差をつけることによって部屋を仕切っています。
もちろん、プライベート空間は壁で仕切ってます。

路地と部屋の段差は40cm、ちょうど椅子の高さです。
路地が椅子になったり、勉強机(床に座ると)になったり、テレビ台になったりと、
路地に路地以上の機能を持たせています。

また、2Fへ繋がったり、外に出たりと、路地に回遊性を持たせています。

まー、要するに路地が主役の住まいです。
現在、詳細設計を進めてます。今後をお楽しみに!



200523-1



200523-2



200523-3



200523-4



200523-5



Takeshi Hamada
2020年05月23日